九州・大学発ベンチャー振興会議
大学シーズ

テーマ
小学生向けグローバル型
探究学習プログラムの開発及び実践の仕組みづくり事業

琉球大学の学術支援及びキャンパスを活用し、小学3年~中学生を対象にeSTEAMに重点を置いたPBL手法を用い、海外の児童と英語での国際共同自由研究を通してグローバル型探究学習のプログラム開発を行う。

プロジェクトメンバー

・プロジェクトリーダー
琉球大学 理学部 海洋自然科学科 化学系助教
島田 幸治郎

【SNS】
Twitter:@ShimadaKojiro
Instagram:@kojiro_shimada

・運営
株式会社 堀井工業 代表取締役
堀井 大輔

・プロジェクトコーディネーター
合同会社 MIRAIME.Lab 代表
岸信 朋

・英語教育支援
琉球大学 教育学部 講師
津田 敦子

環境教育に特化した偉才教育手法 eSTEAM教育

PBL法

PBLとは、「Problem-based Learning」の略で、日本語で「問題(課題)解決型学習」です。

自ら問題を発見し、問題解決する過程の中で知識や経験を得ていく学習方法のこと。

COIL教育手法

COILとは、オンラインを活用した国際的な双方向の教育手法。

Collaborative Online International Learningを省略してCOILと呼ぶ。

オンラインを使って海外の児童とつながり、英語を使って交流し、協働で自由研究やプレゼンテーションを行う。

モニター生徒募集中✨

琉球大学共同研究プロジェクトのモニター生徒を募集いたします!

環境問題に関するトピックを英語と日本語を使って学び、ディスカッションやプレゼンを通して、自分の考えを発信します。
全5回の講座を1回あたり3時間で行います。対象は県内在住の小学4年生以上。定員15名で募集します。
今の環境問題について一緒に考えてみませんか?

英語に自信がないという方でももちろん大丈夫です!
日本人のスタッフがサポートしながら一緒に取り組むので安心してください😊

申し込み締め切りが6/25(土)までと短期間になっていますので、参加希望の方はお早めに申し込みをお願いします。
皆様のご参加をお待ちしております!

【講師】
Tania Nakagawa(琉球大学付属小学校ALT)
岸信朋(合同会社MIRAIME.Lab 代表)